新たな劇団四季の常設劇場である「春劇場」のこけら落し公演が、ディズニーミュージカル「アナと雪の女王」に決定

劇団四季ミュージカル アナと雪の女王上演作品情報(上演予定)
劇団四季ミュージカル アナと雪の女王

2017年JR東日本による竹芝地区の再開発計画「WATERS takeshiba」に伴い、一時閉館していた劇団四季の常設劇場「春劇場」「秋劇場」ですが、2019年にリニューアルして新たな劇場が誕生します。

新たな春劇場の杮落し公演の演目が、ディズニーミュージカル アナと雪の女王に決まりました。

アナと雪の女王は、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作による、2013年公開のアメリカ合衆国の3Dコンピュータアニメーション映画で、全世界で興行収入が歴代1位(アニメ部門)を記録し、日本では「アナ雪」と略され社会現象にもなった名作です。

アナと雪の女王の原題は「Frozen」で、Frozenには「凍った」「冷たい」という意味の形容詞、「凍る」「凍らせる」という意味の動詞、Freeze の過去分詞でもあるため「凍らされる」という意味があります。

スポンサーリンク

劇団四季新ミュージカル「アナと雪の女王」

ミュージカル版「アナと雪の女王」は、2013年に公開された劇場版長編アニメーションをもとに作成され、2018年3月に米国ブロードウェイで初演された舞台作品。

舞台版ではアニメーション版で監督も務めたジェニファー・リーが台本、ロバート・ロペスとクリステン・アンダーソン=ロペス夫妻が作詞・作曲、マイケル・グランデージが演出を手がける。

氷や雪の演出にはプロジェクションマッピングの最新技術が使われる。雪と氷の世界を再現するための舞台装置や特殊効果などに経費がかかり、制作費としては劇団四季史上で最高の金額になるという。

楽曲は、アニメーション版にも登場した「Let It Go」「雪だるまつくろう」「生まれてはじめて」などのオリジナル曲のほかに、新たに10曲以上の音楽が追加される。

映画で「Let It Go」は前向きな楽曲としてのイメージがあるが、ミュージカル版では少し位置付けが変わっている可能性があるので注目したい。

舞台で歌われる際に、「ありの~ままの~」などの歌詞がそのまま使われるかはまだ分かっていない。

新たな劇団四季常設劇場「春」「秋」

竹芝の地で文化・芸術を培ってきた劇団四季の常設劇場ですが、2017年JR東日本による竹芝地区の再開発計画「WATERS takeshiba」に伴い、一時閉館となっていましたが来年9月にリニューアルして新たな四季劇場、JR東日本四季劇場「春」「秋」として新たに生まれ変わります。

waters-takeshiba

(イメージパース)シアター棟外観

waters-takeshiba

(イメージパース)JR東日本四季劇場[春]客席

【劇場概要】

仕様表JR東日本四季劇場「春」JR東日本四季劇場「秋」
客席数約1,500席約1,200席
プロセニアム高さ約9.5m約9.5m
舞台奥行き約18m約18m
1階客席最後部距離約25m約20m
エントランスシアター棟3階シアター棟2階

チケット一般販売は2020年6月14日予約開始

チケット一般販売は2020年6月14日予約開始(四季の会会員は6月7日発売)、まだ随分と先の話と思うかもしれないが、劇団四季の人気公演のチケットは半年上前に予約しなければならないのが当たり前。歴代作品では、下記の枚数を予約初日で売り上げている。

  • 2015年「アラジン」20.9万枚
  • 1995年「美女と野獣」19.6万枚
  • 1998年「ライオンキング」18万枚
  • 1998年「キャッツ」18万枚

2000年以前はインターネットが十分に普及しているとは言えず、予約は電話などで受け付けていたことを考えると驚きの数字である。

アナ雪は映画が大ヒットしたということもあり、今までミュージカルに興味が無かった人たちも劇場に足を運ぶことが予想され、チケットは即日完売が確実なため、上記の記録を更新するか否かは、何公演分のチケットを初日に販売するかによると思われる。

一般販売は2020年6月14日であるが、四季の会会員は1週間前に予約ができるため、残念ながら一般販売に回ってくるチケットは無いと言っていいだろう。

開幕から1年以内に観劇したければ四季の会会員になるとは必需である。

劇団四季 四季の会

劇団四季ファンの方からすれば今更と思うかもしれないが、「アナと雪の女王」の上演をきっかけに初めてミュージカルを観てみようと思っている人もいると思うので、お得な会員サービス四季の会について説明します。

劇団四季には「四季の会」という有料の会員制度があります。四季の会に入会すると、チケットを会員価格で購入できたり、会員先行予約など、様々な得点を受けることがでる。

【四季の会会員の主な特典】

  • チケットを会員価格で購入できる
  • 一般発売より1週間早く会員先行予約が利用できる
  • 会報誌「ラ・アルプ」が毎月自宅に届く
  • プログラムが会員価格で買える
  • 提携先の託児所が会員価格で利用できる
  • 劇場近くのホテルで会員限定宿泊プランが利用できる
  • 不定期で開催される会員限定のイベントに参加できる

【四季の会会員コース】

四季の会の会員には、劇団四季の全公演で、先行予約・チケットの会員料金が利用できる「フルコース」、北海道・仙台・静岡・広島・福岡・全国ツアー公演で、先行予約・チケットの会員料金が利用できる「エリアコース」の2コースがある。

さらに会報誌「ラ・アルプ」を「郵送版」にするか「Web版」にするかで、計4コースに分かれている。

  • フルコース(会報郵送版):3,000円(税別)
  • フルコース(会報Web版):2,000円(税別)
  • エリアコース(会報郵送版):2,000円(税別)
  • エリアコース(会報Web版):1,000円(税別)

四季の会会員はS席のチケットを購入の際、1枚につき1000円割引の会員価格で購入することができる。会員本人以外の同伴者の分も割引価格で購入でき、家族の分を代理購入することも可能なため、元は十分取れる大変お得な会員サービスとなっている。

【四季の会入会方法】

四季の会の入会方法は、「劇団四季公式ホームページ」より申し込むことができます。

劇場で入会することもできますが、申込カウンターは劇場内にあり、入場にはチケットが必要のため、一回は一般発売でチケットを購入しなければならないため、Web申し込みがお勧め。

四季の会は、無料で登録することができ、予約確認やチケットの出品などウェブ上のサービスを利用するための会員制度「劇団四季id会員」とは異なる。

隣接する四季劇場「秋」

春劇場に先駆け、2020年7月14日開業を予定するJR東日本四季劇場[秋]は約1,200席を備える。

現時点で演目は決まっていない。

現時点での情報は、2019年9月9日に発表された第一報のみのため、詳しい詳細が分かり次第、追記します。