舞台初心者でもこれだけは知っておきたい、オペラ、オペレッタ、ミュージカルの違いとそれぞれの特徴

オペラ・オペレッタ・ミュージカルの違い初心者講座
オペラ・オペレッタ・ミュージカルの違い

総合舞台芸術と呼ばれるものは『オペラ』『オペレッタ』『ミュージカル』の三種に大別することができます。

『オペラ』『オペレッタ』『ミュージカル』の舞台は共に、音楽・歌唱・演技・踊りなどの演出手法により構成され、非常に共通している部分があます。

舞台に共通性がある理由ですが、総合舞台芸術は 長い時間と国境を越えて『オペラ』→『オペレッタ』→『ミュージカル』の順番で発展してきたためです。

発展した結果、昔からあるものが無くなるのではなく、逆に新しいものが昔からあるものに淘汰されるわけでもなく今現在、全てがのジャンルが確立しています。

【総合舞台芸術年表】

年代出来事
16世紀末~17世紀初頭イタリアフィレンツェでオペラが誕生
19世紀半ば~後半オペラ派生のオペレッタがパリ・ウィーンで流行
19世紀後半~20世紀初頭ヨーロッパで発展したオペレッタが、アメリカに渡りミュージカルが誕生
スポンサーリンク

オペラの特徴

オペラは16世紀末~17世紀初頭イタリアのフィレンツェが発祥とされ、貴族階級と結びついてヨーロッパで発展しました。

音楽に加え、演劇(演出や演技)、文学(歌詞)、美術(舞台装置や照明)、衣装といった様々な要素が上手に合わさって作られていることから、総合舞台芸術と呼ばれています。

日本語では歌劇と呼ばれ、歌唱を中心に、作品全体が主として音楽によって表現されていく演劇です。音楽は、独唱、合唱などにより構成され、登場人物は歌い手でもあり、セリフがそのまま歌詞になり、ストーリーが展開していきます。

日常会話まで伴奏を伴う歌唱で表現されるため、始めての人は不自然で耳慣れない感覚におちいるかも知れません。

オペラの伴奏は規模の大小は問わず原則として管弦楽(オーケストラ)によるクラシック音楽が原則で、作品の多くが「悲劇」を扱っています。

歴史16世紀末にイタリアのフィレンツェが発祥
台詞大部分が歌唱
伴奏原則、管弦楽(オーケストラ)によるクラシック音楽
結末悲劇が多い

オペレッタの特徴

「オペレッタ」は イタリア語で「小さいオペラ」を意味する言葉で、19世紀半ば頃、貴族階級の娯楽で敷居が高かったオペラを、一般の庶民でも気軽に楽しめるようにコメディ形式にしたのがオペレッタです。

日本では、喜歌劇(きかげき)・軽歌劇(けいかげき)とも呼ばれています。

但し、一部の演目は悲劇であったり、笑いの要素が一切ないものもあるため、日本語の喜歌劇という訳語が適切なのかは疑問が残ります。

伴奏が管弦楽(オーケストラ)によるクラシック音楽で、セリフの大半が歌唱という点においては、オペラと同じですが、セリフと音楽が分かれている場合もあます。

また、オペレッタは踊りがオペラよりも重要な位置を占めています。他に大きな特徴として、オペラ作品の多くが悲劇を扱うのに対し、オペレッタは基本的に喜劇であり、軽妙な筋と歌をもつ娯楽的な作品が多く、ハッピーエンドで終わるのが主流です。

歴史19世紀半ばオペラ派生
台詞大部分が歌唱
伴奏管弦楽(オーケストラ)によるクラシック音楽
結末喜劇(基本ハッピーエンドで終わる)

ミュージカルの特徴

ミュージカルは、19世紀後半~20世紀初頭にパリ・ウィーンなどのヨーロッパで発展したオペレッタが、20世紀になってアメリカに渡り、より自由に新しいエンターテイメント要素を取り入れ発展したのがミュージカルの起源であると言われています。

喜怒哀楽といった様々な感情的要素と物語を組み合わせ、音楽と歌唱、セリフ、ダンスを結合させた演劇形式で、形式的にはオペレッタに似ています。

オペレッタ後期作品とミュージカル初期作品は非常に似ているため、区別がつきませんでしたが、その後もミュージカルは新しい技術、エンターテイメント要素などを加え、進化を続けることによって、オペレッタとは一線を画する独自のジャンルを確立しました。

音楽はポピュラーミュージックをベースにした音楽劇で、オペラ・オペレッタと違い伴奏もオーケストラでなければならないという決まりもありません。実際に音楽はオーケストラではなく、録音で上演されるケースの方が多いです。

結末も「悲劇」「喜劇」様々で、そもそも「悲劇」「喜劇」の定義が当てはまらないような作品も多く存在しています。

ミュージカルの中でも、全編を通じて一貫したストーリーが進行する作品よりも、音楽・舞踊を中心とした、視覚的要素の強い演目のことを「ショー(show)」と呼ぶことがあります。

具体的にはブックレス・ミュージカルに分類される「CATS」「コーラスライン」などが該当します。

歴史20世紀初頭オペレッタがアメリカに渡り発展することでミュージカルというジャンルが生まれる
台詞物語の進行となる台詞は、普通のセリフでも、歌唱でもどちらでもよい
伴奏伴奏がオーケストラでなければいけないという決まりはない
結末決まりはない。結末が「悲劇」の作品もあれば「喜劇」の作品もある