始めての舞台観劇、劇場に着いたら上演までにすること 劇場内のルールとマナー(劇場 上演前 編)

始めての舞台観劇(劇場 上演前 編)初心者講座
始めての舞台観劇(劇場 上演前 編)

敷居が高いと思われがちな舞台観劇(演劇・ミュージカル)ですが、確かに映画と比べれば値段も高く、何ヶ月も前から予約をしなければならないため、気軽とは言えないかもしれませんが、実際のところ舞台観劇の敷居そんなに高いものではありません。

何事も始めてだと分からなくて不安だと思いますので、初めての舞台観劇の際に最低限知っておきたいルールとマナーを紹介します。

始めての舞台観劇「作品上演中(観劇中)の劇場内でのルールとマナー(作品 観劇中編)」はこちら。

始めての舞台観劇「服装・ドレスコード編」はこちら。
始めての舞台観劇「作品上演中(観劇中)の劇場内でのルールとマナー」はこちら。

スポンサーリンク

劇場内は大混雑

公演にもよりますが、開場は上演の30分から1時間前の場合が多いと思いますが、開場から上演までのわずかな時間に数百人から大規模な公演の場合は1000人以上の人が来場するため、劇場内は大混雑します。

劇場内も大混雑しますが、駐車場併設の劇場は駐車場に入場するまでが大渋滞となり、予め想定していた時間を超えてしまう可能性があります。

なるべく時間に余裕をもってお出かけください。

不要な荷物をクロークに荷物を預ける

特に観劇に必要のない荷物はクロークに預けましょう。

ステージと客席に一体感を持たせるため、コンパクトな作りの劇場も多く、座席前の通路が非常に狭く(足を組めないくらいの狭さ)、特に荷物のスペースなどは用意されておらず、自分の足元にも置く余裕もないため、観劇時 膝の上か、靴の上に置くことになってしまいます。

女性がよく使っているような40cmサイズのバッグなどは座席に着いたら確実に邪魔に感じてしまいます。

早めにトイレを済ませる

上演前のトイレは混雑するため、早めに済ませましょう。特に女性用トイレは有名ラーメン店や人気パンケーキ店でも見られないほどの大行列です。

トイレ待ちをしている人をそのままにして公演が始まってしまうことはありませんが、時間に余裕を持って行動するようにしましょう。

劇場側もトイレの入口と出口を別にするなど対策を講じていますが、短い時間に多くの人が来場するため、混雑は致し方ない面があるかと思われます。

座席前の通路が非常に狭いため、上演の最中にトイレに行くと周りのお客さんに迷惑をかけてしまいます。また、上演中は盛り上がる場面や重要な場面などは途中入場ができない場合があるので、注意が必要です。

空いた時間の買い物

上演前の空いた時間や一幕と二幕との間の休憩の時間で公演プログラムや売店でグッズの購入したり、劇場ロビーには公演の出演者一覧が掲示れてるため確認してみましょう。

出演者一覧を確認しても知らない俳優ばかりだから関係ないと思われるかもしれませんが、舞台を観てファンになるなんてことがあるかもしれません。

劇場内での飲食

上演中は映画と違い、ほとんどの公演が飲食禁止です。

上演前、休憩中の飲食は指定の場所でするようにしましょう。

劇場によっては流石にビールは販売されてはいませんが、ワインを販売している場合があります。アルコールが禁止でなければ飲むのは問題がありませんが、トイレに行きたくなるため、アルコール類は適量しましょう。

また、上演前に食事をする場合、マナーとしてニンニク料理などは避けた方がいいかもしれません。自分では気にならないかもしれませんが、密集した劇場の座席は意外に匂いが気になるものです。

余談

余談として、劇場には自動販売機が設置されていなかったり、多くの人が一斉に集まり利用するため ほとんどが売り切れということも多々あります。(特に借り物の劇場の場合が多い)

主催者が軽食や飲料を販売している場合もありますが、テーマパーク等にありがちな非常に割高な料金設定のため、ペットボトル飲料を持参することをおすすめします。