始めての舞台観劇、舞台関係者の間で使われる専門用語(専門性の高い舞台・演劇の専門用語)

始めての舞台観劇(舞台関係者の間で使われる専門用語)初心者講座
始めての舞台観劇(舞台関係者の間で使われる専門用語)

舞台演劇の世界には、役者・裏方さんなど、関係者の間で使われる専門用語があります。

一部の言葉は、舞台関係者のみならず、一般のファンの間でも使われているため、「最低限知っておきたい専門用語」と「関係者の間で使われる専門性の高い用語」に分けて掲載します。

また、宝塚歌劇団には宝塚特有の専門用語が多く存在するため、「宝塚歌劇団で使われる専門用語」として掲載します。

スポンサーリンク

舞台関係者の間で使われる専門用語

役者、裏方などの舞台関係者の間で使われる専門用語は、一般のお客さんとして舞台を観劇する分には知らなくても困ることはありませんが、知ることによってより深く演劇、舞台に興味を持つきっかけになるなるでしょう。

【アクティングエリア】
舞台(ステージ)上で、実際に演技や演奏を行うため予め定められた範囲を指す。あらかじめ定めた範囲。この範囲外は、照明が当たらない。

【あごあし】
「あご(顎)=食事代」「あし(足)=交通費」のことを指す。出演者・スタッフの契約料に食事代と交通費が含まれる場合、「あごあし込みで」といった感じの使われ方をする。

【有り物(ありもの)】
舞台道具・セット・装置、照明設備・音響設備などを、元々会場にあるもので間にあわせること。

【生かす(いかす)】
照明設備・音響設備などの電気機器に電源を入れて動作可能(スタンバイ状態)にすること。「生かす」の逆で、電気機器が故障などの理由で作動しない状態を「死んでいる」と言う。

【板付き(いたつき)】
舞台で幕が開いたとき、場面が転換したときに、出演者がすでに所定の位置に登場していることを言う。

【一文字(いちもんじ)】
吊り物や照明器具を観客にみえないように隠す舞台上部に、間口いっぱいに張られた黒い幕。

【インカム】
舞台スタッフ(裏方さん)が連絡用に使う通話システム。「インターカム」の略。

【馬(うま)】
舞台装置を組むときや、演奏者が乗る台を作るときに使う台(平台)を組むときに高さを決める台で、縦、横などの置き方により、いろいろの高さが組めるようにした箱のこと 。別名「箱足」とも呼ばれる。

【裏方(うらかた)】
出演者を除いた、幕の裏側で働く関係者の総称。舞台美術、音響、照明、衣装、メイクなど。案内係や受付、宣伝係などは表方(おもてかた)という。

【エアモニ】
会場内の様子を調光室や楽屋、ロビーなどで確認するための音声のこと。「エアーモニター」の略。

【カゲアナ】
舞台袖など、観客から見えないところで行われるアナウンスのこと。

【がなりマイク】
リハーサル時など、演出家などが客席から舞台上の役者に指示を出すために使うマイクのこと。

【キッカケ】
役者の動きや台詞、舞台進行や音響、照明操作などのタイミングを表す言葉、または、それを知らせる合図のこと。別名「 キュー(cue)」とも呼ばれる。

【逆リハ(ぎゃくりは)】
本番とは逆の進行で行われるリハーサルのこと。

【キャパ】
客席数(収容可能人数)のこと。「キャパシティ」の略。

【ケータリング】
楽屋などに用意された出演者やスタッフのための食べ物や飲み物のこと。

【ゲネプロ】
本番と同じ条件で行われる通しの舞台稽古。舞台進行、衣装、メイクなどすべて本番同様に行われる。クラシックコンサートなどでは、本番の会場で行うリハーサルを指す意味で使われる場合もある。ドイツ語の「ゲネラルプローベ」の略。さらに「ゲネ」と略されることもある。

【殺す(ころす)】
一時的に動作不可能な状態にすること。他にも、舞台装置や大道具などの可動部分を動かないように固定すること。

【仕込み図(しこみず)】
舞台、音響、照明などの仕込みのために書かれた舞台図面のこと。図面はセクションごとに作られ、それを基に仕込みが行われる。

【すのこ】
舞台の天井をのこと。舞台装置やバトンなどが吊られている。別名「ぶどう棚」とも呼ばれる。

【セットリスト】
コンサート本番で演奏される楽曲を、進行順に書き記したもの。

【袖幕(そでまく)】
客席から舞台の両側の奥が見えないように隠している幕。

【駄目出し(だめだし)】
出演者やスタッフに対する指摘、念押し、訂正を求めること。

【つなぎ幕(つなぎまく)】
舞台転換のために幕を下ろすが、休憩しないで続けて次の場面が始まること。

【綱元(つなもと)】
舞台袖の奥に、吊り物昇降用の引き綱がまとめてあるところ。

【吊り物(つりもの)】
すのこから吊られている舞台装置や大道具などの総称。

【飛ばす(とばす)】
舞台装置や幕、照明器具などが取り付けられたバトンなどを吊り上げること。

【ドロップ】
舞台の間口全体に渡って背景の描かれた幕。

【人形立て(にんぎょうたて)】
自立できないものを、裏側から支えるために使用する道具の一種。

【場当たり(ばあたり)】
本番の会場にセットを組んで、全体の段取りなどの確認を目的に行われる舞台稽古のこと。

【箱足(はこあし)】
舞台装置を組むときや、演奏者が乗る台を作るときに使う台(平台)を組むときに高さを決める台で、縦、横などの置き方により、いろいろの高さが組めるようにした箱のこと 。別名「馬」とも呼ばれる。

【端折る(はしょる)】
演技、演奏の一部を省略すること。

【バトン】
大道具や照明器具などを吊るパイプ のこと。

【バミる】
演技者の立つ位置や大道具、小道具などを置く位置に目印をつけること。

【PA(ぴーえー)】
舞台で使われる電気音響システム(マイク・スピーカー・アンプなど)の総称。

【平台(ひらだい)】
舞台装置を組むとき使われる台のこと。

【PIN(ぴん)】
演技者を目立たせたり、フォローするために使うスポットライトの一種。 「ピンスポットライト」の略。別名「センターピン」「フォロースポット」とも呼ばれる。

【舞台監督(ぶたいかんとく)】
舞台の裏方を統轄する舞台現場の最高責任者。

【舞台袖(ぶたいそで)】
客席から見えない舞台両脇の奥。

【ホリゾント幕】
照明の演出に使用される舞台の一番奥にある幕。別名「ホリ」「ホリ幕」とも呼ばれる。

【幕間(まくあい)】
歌舞伎用語で、一つの場面が終わって幕が閉められたときから次の幕が開くまでの間で、芝居の休憩時間でもある。

【見切れる(みきれる)】
本来見えてはい舞台裏が見えてしまうこと。

【もぎり】
入場券をチェックしてお客さんを入場させること、係員のことを指す。